葬儀のかたち - 自宅葬とは

自宅葬のデメリットと考察

自宅葬のデメリットと考察の写真

自宅葬をする前に

自宅葬をする前に、近所の方のことを考える必要があります。自宅葬を行う場合は、まずご近所の方のことを考えましょう。喪主や出棺者が出入りして話をすることになるので、事前にご近所の方と話をしておく必要があります。喪主が多くなる場合は、駐車場などの手配をしっかりと行う必要があります。自分の家の周りがどうなっているのか、迷惑にならないのかを確認しておきましょう。

自宅で葬儀をすることはできますか?

集合住宅の条件を確認しましょう。建物によっては家族葬自体を禁止している場合もありますので、自宅が集合住宅の場合はルールを確認しておきましょう。下院での葬儀も可能です。自分の家ではありませんが、故人にとっては身近な場所であり、地域にとっても参加しやすい場所です。自宅で葬儀をすることには、いくつかの共通点があります。

準備や後片付けを葬儀社に任せて、自宅葬を行わせることはできないのでしょうか?

家族葬では、調理や料理の準備、後片付けなど、すべて自分で行わなければなりません。家族の中に一人でも困っている人がいる場合は、誰かの手配が必要になります。